プロフィール

灰色のシェラ

Author:灰色のシェラ
好物列挙。
石田彰。岸尾大輔。福山潤。歌野晶午、東野圭吾、岡嶋二人、井上夢人、小野不由美、有川浩、宮部みゆき、榎田尤利、なるしまゆり、今市子、インドア、煙草、犬猫、飲み物全般、ゲーム、ネット、その他諸々

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

好きなものだけ食したい
好きな本、好きなアニメ、好きな役者、好きなマンガ。 ひたすら趣味に埋没する日々をぼつぼつと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

買うべきか買わざるべきか
またもや放置しております。

仕事三昧の日々ゆえ、あまりネタもないのですが
とりあえず好きな作家の新刊は買い、気分転換にネット動画を見たり曲を聴いたり。

今のところ予約品以外で買いたいなと思ってるのが



ライブビデオ ネオロマンス・フェスタ 金色のコルダ~Primopasso~星奏学院祭 ライブビデオ ネオロマンス・フェスタ 金色のコルダ~Primopasso~星奏学院祭
オムニバス (2007/06/27)
コーエー
この商品の詳細を見る



これでございますよ。
イベントはね、一人で行く勇気がないので(笑)指くわえてるわけですが
イベントレポを各所で読むと結構面白そうだなと。
少なくとも岸尾的にはかなり行けそうだなと言う感じなので
ちょっと悩み中でございます。
というのは、前に記事にした『コルダ2EDキャラ曲』を集めたCD、
『金色のコルダ2~felice』もでるからで。

うーむ。二つ買うと高い(;¬_¬)

予約済みのものはもう支払いもしてあるのでノープロブレムなんですが
(偶然にも岸尾くんも出ることに決まったのでこれでこの予約済み作品は
石田さん、福山くん、岸尾くんと三人も好きな人のそろい踏みってことになる)
それとは別に何をトチ狂ったか突然アマゾンで一昨日

セイント・ビースト DJCD Chat.3~ケダモノたちの井戸端会議~ セイント・ビースト DJCD Chat.3~ケダモノたちの井戸端会議~
ラジオ・サントラ、森川智之 他 (2007/05/25)
フロンティアワークス
この商品の詳細を見る


これを買ってしまいまして。ははは^^;
店頭で見た時にはとりあえず我慢するだけの理性があったんだがなあ。
4枚組と言うのを聞いたらとってもリーズナブルで滅茶苦茶お買い得な気がしちゃってね?
いや~。届いてみたらただのCDのくせに厚みが2cmもありやがりまして
どこのハードカバー本だ、って感じでしたよ(笑)
え。感想?

えーとね。石田さんのでてるred-sideの盛り上がりっぷりが
一番面白うございました。
スズケンのめっちゃ楽しそうな様子とか
宮田君の例によっての(笑)小狡さ全開のゲームっぷりとか(一応褒めてます)
ノジケンの先輩に囲まれて小さくなってる様子とか。

ファンから送られたアイデアを元に作ったすごろくで全員が遊ぶんですが
石田さんが止まったコマの文字を見て凍りつく全員。

「い、石田さんに全員でしっぺ?!」

だ、大先輩にそんなこと、とビビるノジケン。
そののち、自分が同じコマに止まったときに
石田さんに同じようにしっぺされる羽目になるわけですが
どうやら至極優しいやり方であったらしく

「石田さんって優しい…」

とマジで感動してるらしい彼が可笑しかったです。
だってノジケンといえばあの!あの!あの!!

ユウナ・ロマ・セイランなんだもん(笑)


それはそうとですね。
全然話が違うんですが(をい)
私はつい先ごろまでこのブログの記事の下についてる『拍手』に気づいておりませんで。←アホ
あれ?と思って過去記事を辿っておりましたらいくつかの記事に拍手いただいておりまして。

改めてお礼申し上げます。
適当に書き散らしておりますしほとんどの友人も知らないでいるここなので
どなたが押してくださったかもわかりませんが
励みになりました。

コメントも嬉しいけど気軽な拍手も案外と嬉しいもんだね。
(ついこの間まで拍手ボタンが嫌いだった奴・笑)






スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shera1229.blog92.fc2.com/tb.php/86-2a169279
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。